相模原みのり塾 活動ブログ

相模原みのり塾の授業の様子や活動を紹介しています

1/20の授業報告

報告が遅れてすみません。1/20は、橋本公民館が子どもまつりで使用できないため、サン・エールさがみはらの部屋を2部屋借りて、1部屋は自習室、もう1部屋で3年生の面接練習をやりました。

神奈川県の県立高校入試では、全員が必ず面接を受けます。ほとんどの高校で面接点が全体の2割を占めていますので、入試科目の大きなひとつと言えます。

この日は午前中に3名、午後に6名と面接担当の先生は一日面接練習対応となりました。本当におつかれさまでした。面接練習も今年で3回目となりますが、いつも思うのは、1対1の個別授業ではとてもおとなしい生徒さんが、実はしっかりと自分のことを語れたりして、生徒さんの別のステキな面を見ることができることです。また、本番までに1人3回から4回練習していますが、練習のたびにぐっと良くなっていくので、中学生の適用力や表現力ってすごいな、と思わせられます。

とはいえ、人生でほぼ初めての「個人面接」。自分のことをあれこれ聞かれるし、じろじろ見られるし、敬語だってあんまり得意ではないし、タメ口や略語は厳禁。「部活」ではなくて「部活動」、「やっぱ」ではなくて「やはり」、「貴校」なんて使ったことない単語だし、面接官役の講師はどんどん突っ込みの質問をしてくる。

いやあ、みんな本当によく頑張っていますよ!代表の私が中学生のときに、果たしてこんなふうに面接で何かを話せたかどうかを考えると、いやいやいや、みんなすごい。

練習の様子です。こんな感じでやりました。

f:id:minorijyuku:20190129225629p:plain

生徒さんの顔は「合格」にあやかり五角形でマスクしてみました(^^)

まだ本番まで何度も練習できるから頑張ろうね!!慣れるということがとっても大切です。

さて、もう一つの部屋では、中1中2生と面接練習時間でない3年生が、トータルで4時間、自習していきました。ほとんどの3年生が来ていました。途中からいつもの担当の先生と1対1でのマンツーマン状態になっている生徒さんもいましたね。それでもいいんですよ。自分にとって、有効で価値のある時間となるように場所を使ってください。

また、この日はオギノパンさんのパンの差し入れがありました。サン・エールさがみはらは橋本駅から徒歩15分くらいのところにあり、いつもの公民館と比べると来てもらうのに少し不便だったと思うのですが、わざわざフード・コミュニティさんが届けてくださいました。本当にありがとうございました!

また、カントリーマアムもいっしょに差し入れしてくださり、嬉しいおみやげとなりました。どうもありがとうございます。

さあ、来週1/28から県立高校入試の出願が始まります。2/14まであと少し。やれることをやれるだけ、やりきろう。